SSブログ
前の10件 | -

見つめ直し、型をつくり、磨きあげる [CSB]

自分たちの会社は、

どのようなお客様に(社会に)
どのようなサービスを通じて
どのような価値を提供するのか?

こんなことを考えたことはありますでしょうか?


歴史ある、名だたる企業様の中には恐らく当たり前に定義されているものだと思います。
逆を言うと、そのように会社の価値観が定義され、
社内外に浸透しているからこそ社会から選ばれ続けているのだと思います。


CSBでは、実はこのことがよく議論をされてきませんでした。(と思っています)
ここまでの26年間は幸いお客様にも社員にも恵まれ、
これらを深く考えなくても仕事をやれてきたというのが実状なのだと思います。


しかしながら、この先もそれでいいのか?というと、そうではないと考えています。

ビルサービスの在り方、もっと言うと世の中の価値観そのものは変化をしていきますし、
少子高齢化・人口減少が確実な近未来においては、労働力の確保が目に見えている大きな課題です。


そんな中で、お客様・社会・社員から選ばれ続ける会社であるには、
どうあるべきなのか。

今さらながら、これを真剣に考えることを
シニアマネジメント(部門長・統括部長)中心に行い始めています。
ブレスト小.jpg


私(部門長)を含め現シニアマネジメントは、今は諸先輩が築いてきた土台の上でビジネスをしています。
しかし、そこに胡坐をかくのではなく、この先の若い世代が安心して・誇りを持って働いていけるための新たな型をつくり、若い世代とともに磨きあげ、引き継いでいくことこそが、今私たちの責任でやらねばならないことだと考えています。


持続可能なビジネスモデルを築き上げ、社名にもあるCustomer Satisfaction(顧客満足)をより明確に意識し、その実現によって社員満足が向上する、そんな会社であり続けたいと考えています。

今後のCSBに、ぜひご期待ください!

投稿:WH

※ともに会社を磨きあげていく仲間も募集中です。
 株式会社シー・エス・ビルサービス [CSB] 採用サイト (csbuilding.co.jp)

わが社の『い・い・ところ』(資格取得支援制度) [CSB]

今回は、わが社の『い・い・ところ』を紹介したいと思います。


私は入社して14年目。
今までの社会人経験ではなかった、資格取得支援制度があります。


この制度、堅苦しく考えがちですが、仕事をしながら身に着けることもできます。
ビルメン業界の資格はもちろん、業務に関連するもので上長が承認OKのものは
会社が受験料を負担してくれます。(上限・要件はあります)

この制度、自身のスキルアップにもつながりますし、会社にとってもいいことづくめ。
多種多様な資格を持つということは会社にとっては強みになります。
業務の幅も広がるし、取り込めます。
私も子育てしながら5種(7つ)の資格を取得しました。
(自慢ではありませんよ!)



ビルメン業界で代表的な資格といえばビルクリーニング技能士試験。
これは国家資格で、実技試験もあります。

わが社には【BASE】という研修施設(実技練習などが可能)があります。
試験と同じ機材がそろっており、当日ぶっつけ本番などということはありません。
(心強いですね!)
外国人実習生の受け入れも行っており、【BASE】で練習し巣立った人たちもおります。


私は、現在事務職として仕事をしています。
自身の業務の幅を広げたいと思っており、資格取得を上司に相談したところ即OK!
まずは現場に出て作業のイロハを教えてもらい(叱咤激励も含め。笑)
試験前の練習では、同僚たちにやり方のコツや練習時間確保に協力してくれ、最後まで温かく見守ってくれました。
その甲斐あって、今年3月にビルクリーニング技能士試験1級に合格できました。


業務を越えてチャレンジさせてくれる懐の広さ、やる気を尊重し、
頑張れば評価してくれる、
それがわが社の『い・い・ところ』だと思います。

資格ゲッター①.jpg
(社内にて『資格ゲッターさんのご紹介』記事に掲載されました。)
※写真の掲載については本人了承済みです

資格ゲッター②.jpg


**************************

話は変わりますが、
私の癒し、今年3月に家族になった自慢の娘を紹介します。
チンチラ小.JPG
チンチラって知っていますか?
猫ではなく、ハムスターを大きくした感じの動物です。
名前は【くぅ坊】(女の子)。やんちゃです。機動力半端ないです。
だっこをすると嫌がって尻尾をぶんぶん回します。
それが可愛くて、ついついおやつをあげてしまい、娘(19歳)に怒られます。


投稿:KM

どうしても起きる事故、トラブルを防ぐには! [CSB]

事故、トラブルを防ぐ特効薬はありません。

『事故、トラブル発生!』

先ずはエスカレーション。
・いつ?
・どこで?
・人的被害なのか?
・物理的被害なのか?
・被害の大小?
これらを報告します。

電話相談.png

次は「原因究明」「再発防止策」「未然防止策」
どんな策を練っても事故トラブルは発生します。
その大半が人的によるものです。

何故?何故?5回。と良く言われます。
やり方を間違えると、警察の取調室になってしまい相手を委縮させるだけになってしまいます。
事故、トラブルは起きるものです。
起きてしまったことをとやかく言っても始まりません。



では何故事故(トラブル)は起きるのか?
自分自身の経験では、事故が起きる背景に起因することが多いように感じます。

前任者から業務を引き継いだばかり、新しい業務のやり始め、時間が無い、人手不足等々。
何か変化が生じた時、慌てたり焦った時の直後に事故(トラブル)が発生しているのではないでしょうか。
心当たりは有りませんか?


そういう時は、一旦立ち止まる、一呼吸置くなど一歩踏み出す前に心の準備が必要だと思います。
心に余裕を持つことです。

仕事の良し悪しは、段取り八分、仕事二分と言います。
段取りの中には、安全確認も含まれます。

身支度は安全に配慮されているか、今日はこういう作業をやるので、何々に注意しよう。等々
仕事に取り掛かる前から“仕事は始まっている”と言う心構えが、
事故、トラブルを防ぐ最善の“未然防止策”だと思っています。


心.jpg
事故、トラブルに悩んでいる皆さん、
嘘だと思っても良いので一度試されては如何でしょうか?

一歩踏み出す前の心の準備は大丈夫ですか?

投稿:KT

出張先にて [雑談]

こんにちは!
今回は九州方面へ3週間ほど出張中ですが、その合間で見て感じた事をお伝えします。


・長崎新幹線の開業に沸く『諫早駅』
諫早駅前②.jpg
ご存じのとおり長崎新幹線は2022年9月に一部開通しますが、
その途中駅である『諫早駅』に立ち寄りました。
新築の駅舎を親子連れがカメラで撮影したり、
新幹線がくる事に地元の方々も喜んでいるようでした。
駅前は急ピッチで整備して、アスファルト舗装の匂いが印象的でした。



・大村湾の夕焼け
大村湾の夕焼け①.JPG
夕飯の買い出しをしながら近くの小さな港に立ち寄りました。
綺麗な夕焼けでしたので、その日の疲れも一瞬に吹っ飛びました。 
(昔の金曜ロードショーのオープニングを思い出しました。)



・雲仙温泉地獄/島原城/武家屋敷の猫/坂本龍馬サムライブルー像
雲仙温泉地獄①.JPG
休みの日に出張メンバーとリフレッシュを兼ねて雲仙・島原方面へ出かけました。
朝まで雨が降っていたせいか霧がでていて、山頂での展望は真っ白で何も見えませんでした。
雲仙温泉は硫黄の匂いに包まれており、コロナ禍の影響か人出は少なく寂しい感じでしたが、ホテル新築・改装が各所で行われており今後に期待がもてると感じました。
(あの星野リゾートも参入するそうです。)


島原城①.JPG
猫①.jpg
島原城の周りは武家屋敷の名残が残っており、猫も楽しそうに屋根から屋根に飛んでました。


坂本龍馬サムライブルー像①.JPG
最後はこちらにきて知った『坂本龍馬サムライブルー像』です。
2010年W杯の時に国立競技場に設置されていたものを移築したとの事でしたので「見たい!」と思いましたが、想像を超える大きさにビックリしました。



まだ出張は終わりませんが、
最後まで安全第一で任務をこなして無事帰京します!

投稿者:NS

ワークライフバランスとワークライフインテグレーションも大切にして [CSB]

こんにちは!

厚木のオフィスで清掃の管理をしている、3兄弟、30代、3児の父親です。

前職はIT関連の仕事をしていて、机に座りPCと睨みあいをする仕事をしていました(笑)。
子どもが生まれ、夜型の仕事に限界を感じ、夕方頃に退社できる仕事はないかな?と考え、
CSBの働き方が自分の【ワークライフバランス】とマッチしていたので、転職を決めました。

family.jpg3kids.jpg

今は、最短で、最寄り駅に17時前に到着する(はやーい)ので、
保育園へ子どもを迎えにいき、カラスの声を聞きながら、
保育園であったこと、自分の職場であったことなんかを話しながら帰っています。




DSC00456.JPG

「やりがい」

前職でプロジェクトマネジメントをしていたので、そのイメージがあるのかもしれないのですが、清掃管理は「マネジメントする仕事」だなと思っています。
顧客やスタッフ(ステークホルダー)とコミュニケーションし、売上などの数字のバランスを見ながら、清掃の品質管理をする。状況変化に気配りをしながら、裁量を持って、チームで物事を進める。
そんな楽しさがある仕事だな、と思っています。





「じぶんと未来と会社とバランス」

わたしは、3児の父親になって、大切なものに優先順位をつけ直すと「早く帰る」という点が大切でした。年収や、妻の仕事、家事・育児のバランスなど、複数の大事にしたい要素を踏まえて考えると、早く帰ることが私にはとても重要でした。

今は、月に1,2回、土日に出社(休日特別清掃)があったり、休日も電話が鳴ったり(スタッフさんの欠勤連絡)もありますが、どんな仕事にもいい点、悪い点があると思っています。
【ワークライフインテグレーション】
最近、そんな言葉がまた出てきましたが、いい言葉だな、そうだよな、と思っています。
仕事と家庭を完全に切り分けるのって、やっぱり携帯やインターネットが普及している現代だと、それは難しいだろ(笑)、と個人的には思うので。




CSBは年齢的に落ち着いた方がいらっしゃるので、プライベートの問題などを相談すると、自分も通ってきた道だよ、と心配してくれる人たちが多く(ホントありがたい!感謝です!)、私もたくさん助けてもらっています。



ご自身の考える、理想的な働き方が、私たちとマッチしていたら、気兼ねなくお問い合わせや、エントリーを検討していただけると嬉しいなと思っています。
http://www.csbuilding.co.jp/recruit/



読んでいただいた皆様とお会いできるのを心から楽しみにしております!

投稿:WY

22年度を迎えて [CSB]

コロナとともに3年目の春を迎え、
マスク生活にも慣れた半面、少し気持ちの緩みが出る頃かと思います。
第7波を招かないためにも、一人ひとりが気を引き締めていきたいですね。


22年4月から、大きく世の中も変化をしています。
例えば、成人年齢が18歳に引き下げられたり、年金制度が改正施行されます。

今回の改正は、パートなどの短時間労働者への年金適用拡大や年金の繰り下げ受給の上限引き上げ、確定拠出年金の要件緩和などです。
これら改正の背景は、女性や高齢者の労働者が増加していることを受けて、多様な働き方に対応できる制度を目指したものです。



CSBでも、「一般事業主行動計画」の策定にあたり、
次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法 一体型の行動計画を
令和4年から令和7年の3年にかけて展開をすることにしました。

方針として
「男女ともにプライベートを大切にしながらキャリアアップを実現できる環境をつくり、ひとりひとりの成長が会社の成長につながるよう社員を支援する。」
というものです。


CSBの現在の正規社員の平均年齢は40代後半で、かつ40代以上の年齢分布は全体の8割を占めています。
今後の労働人口の減少を踏まえると20~30歳代の雇用も強化し、
この年代の方々が働きやすく、活躍できる環境を会社が支援していくことで、
社員成長=会社成長へつなげていくことが大切になります。

赤ちゃん親子.png

男性社員も子育てに参加できたり、
女性社員も責任ある領域にチャレンジできる環境を整えていくことで、

「アタリマエを支える」会社として、
社会・お客様・社員から必要とされ続ける会社でありたいと思います。

スーツ集合.png

投稿者:MM


ピッカピカの一年生♪ [CSB]

こんにちは!


ピッカピカのランドセルを背負って元気に登校する小学生をよく見かけます。

まだ少し大きく見えるランドセルですが、あっという間に体が大きくなって、
ランドセルが小さく見えてくるのでしょうね。



CSBでは、桜の咲き始めた3月中旬に「ランドセル贈呈式」を開催しました。

「ランドセル贈呈式」は毎年恒例の行事で、小学校に入学されるお子様がいる社員の子どもたちに、会社からランドセルまたは文具セットを贈呈しています。

このイベントは社員とそのご家族との繋がりも大切にしたいという思いから、会社として大切にしているイベントです。

今年は4名の社員のお子様が該当し、お子様とご家族が贈呈式に参加しました。
今回はオンラインでの開催になりましたが、プチダンス体操やクイズ大会などイベントも盛りだくさんで、モニターから元気な声と笑顔を見ることができました。



事前にご自宅へお送りした「バルーン花束」・「お祝いクッキー」の他に、
とても楽しいイベントの様子をお伝えしたので、写真を沢山掲載させてください。

①.png
③.png
②.png
⑤.jpg
⑥.jpg
クッキー.jpg
バルーン花束.jpg

小学校ご入学おめでとうございます!

<余談>
写真3枚目の体操シーンですが、体操のお姉さんの後ろで
一緒に踊っている赤白帽子の3人は「社長や取締役」などの役員です。笑

投稿:事務局

新入社員との「ランチ・ミーティング」 [CSB]

Withコロナとして3回目の春の到来ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


連日、日本各地から桜の満開報告が寄せられていますね。
東京も3月27日に【満開宣言】が発表され、ちょうど最寄り駅でふと目に入った桜並木が素敵でしたので、ご紹介したいと思います。
桜②.JPG

井の頭線沿線にある神田川の遊歩道は、いつも散歩やジョギングを楽しむ方を目にする事ができます。
(コロナ禍でだいぶ減っている印象がありますが。)
お天気の良い日は、とても爽快な気分にさせてくれます。
桜③.jpg
桜①.JPG

特に桜が咲くのこの時期は、穴場なおススメ・スポットです。
もう少しすると見ごろを終えた桜が舞い散る様子や、散った花びらが川面に浮かぶ様子はとても風情がありますよ。
密を避けつつ、もう1回散策してみたいと思っています。





さて先日、2021年に入社された新入社員を対象に
社長&取締役を交えたオンラインでの交流会
(ランチ・ミーティング)を開催しました。

ランチ会①.jpg


「各々がチョイスした今日のランチご紹介」「自己紹介」「質問タイム」など、
アッと言う間な90分間でした。


初めは「オンラインでランチ!?」
「カメラの前で食事!?」
と敬遠されていた方もいたようですが、

「実際に始まると、思っていた以上に楽しい時間でした」
「もっと他の社員の方とも交流したい」
と言った感想を寄せていただきました。
たとえ対面でなくとも十分に交流ができる事が分かり、オンラインの可能性を実感できた企画となったように思えます。


もう少しWithコロナが続きそうですので、こう言ったオンライン企画をはじめ、
少しでも社員が楽しめるようなイベントや企画を提案&実施していきたいです。


投稿:KA

我が家に迷いインコがやって来た! [雑談]

2月中旬、お隣の娘さんが近くの河原を散歩し帰宅しましたが、
いつの間にか肩にインコが乗っていました。

お隣さんは猫を飼っているので預かる訳にいかず、我が家で預かることにしました。

小鳥を飼ったことがないので、家内は鳥かごや餌を購入するなどテンヤワンヤです。
もちろん性別や年齢なども分かりません。
ただ人懐っこく、いたずらっ子で可愛いのは事実です。

インコ①.JPG
DSC_0002_BURST20220301112534207.JPG

後でネットで調べたら“メス”のようだし、10年以上生きるようです。
私ら夫婦の年齢を考えると、このまま育てるのも考えものです。

そこで“孫に”お願いしてポスター作ってもらい、
近所のスーパーや店舗に貼って頂きましたが、未だ飼い主は出てきていません。

インコ.png

警察にも届けましたが“落とし物扱い”です。
2週間は預かる必要が有り、3ヶ月過ぎれば自分の物になるようですが、
インコは物ではなく生き物です。

飼い主が現れない限り、このまま飼うことになるのか・・・・・・[?]

投稿:KT

面接員のひとりごと [CSB]

こんにちは。

CSBが展開している清掃・ビル施設管理の業界では、
ご多分に洩れず人材不足で採用難。


そのような状況下でも、
求職中のみなさまに選んでいただけるよう、良さを知ってもらえるよう

オフィシャルサイト採用ページ・SNS(ブログ・TwitterInstagram)など5つの窓から、定期的に情報発信しています。


オフィシャルブログに関して言えば、みなさんにCSBで働く仲間の人柄や、
CSBのアットホームな雰囲気を知ってもらうためにも
社長から現場スタッフまで、さまざまな役職・役割・立場の社員が投稿しています。


そしてCSBに興味を持ってくださり、面接でお会いさせていただく際には、
是非、ホームページやSNSの感想をお聞きかせください。
『いいね?』と思ったところがあれば、そこは遠慮なく!!笑
(褒められるとやはり嬉しいです。)




そして面接では、みなさんのご質問をお伺いします。
たくさんの質問をお待ちしていますので、ぜひ積極的にご質問ください。
(興味があれば、もっと知りたくなるはず!)
面接.png

私たち面接員も、できるだけやわらかい雰囲気をつくり、
皆さんが質問したくなるような場を提供できるように努めます。


CSBの社員一同、ご応募をお待ちしています。
仲間.png

投稿:FY

前の10件 | -